Satoshi Hirai

平井 巧
Satoshi Hirai

​代表取締役 社長|フードスコーレ校長|Shokuyokuマガジン編集長

1979年東京都生まれ。新潟大学理学部卒業。広告代理店での企画営業を経て独立。「サルベージ・パーティ®︎」を中心に企業・行政のfoodloss&waste にまつわる課題解決を手がける一般社団法人フードサルベージを設立。食のクリエイティブチーム株式会社honshokuでは、「食卓に愉快な風を。」をキーワードに、食にまつわるコンテンツ運営、クリエイティブ制作、プロデュース等を行う。2020年に食の学び舎「foodskole(フードスコーレ)」を開校。2021年に食のウェブマガジン 「shokuyokuマガジン」を創刊。

Ai Omori

​大森 愛
Ai Omori

地域・領域でお節介をする​​プランニングディレクター|フードスコーレ副校長|Shokuyokuマガジン副編集長

1987年 岐阜県美濃太田で生まれる。三重大学教育学部音楽科卒業後、広告代理店の企画営業を経て、メーカー転職後は新規事業部にて商品開発からコンセプト立案、ブランディング、宣伝PRなど、開発から販売までを一貫して従事。その後、伝統工芸や地場産業のPRに特化した企業にて日本全国の職人や工房を訪ね歩き、それぞれの地域や工芸の歴史や文化、想いに耳を傾ける仕事に関わる。現在は地域ブランディングを中心に、「想いをカタチに」「朗々と暮らす」をモットーに地域のブランディングや日本の伝統工芸や食に関わる事業に携わっている。

名称未設定のデザイン.png

​​こくぼ ひろし
Hiroshi Kokubo

ソーシャルグッド専門の後方支援

ひとしずく株式会社代表/一般社団法人チャートプロジェクト理事/一般社団法人RELEASE; ディレクター。1982 年、神奈川県生れ。PRコンダクター。後方支援ファーム「ひとしずく株式会社」代表。「脱 炭素(カーボンフリー)」の社会デザインに取り組む。

名称未設定のデザイン (2).png

佐藤 一成
Kazunari Sato

食と農のディレクター

地域で起きている社会課題をその地域に必要な解決方法を模索し提案・実施することに携わる。現在、第1次産業と食に関わる課題に「6次化・物流・新規就農・体験」などで解決できるよう取り組んでいる。株式会社良品計画に所属。

名称未設定のデザイン (1).png

大森 展弘
Nobuhiro Omori

​マーケター兼コーヒー屋

10年以上にわたって、IT/Tech企業、スポーツメーカー、コンシューマグッズ、ヘルスケア、地方自治体、水産エコラベル認証制度の管理・促進団体などのPR、マーケティングに携わる。現在は、フリーランスとしてマーケター、PRパーソンとして働きながら、複業でコーヒー屋さん、焙煎士として活動中。これまでに東ティモールやベトナムなど4か国7農園を訪問。生産者、環境、消費者にとってやさしい珈琲を広めるべく講座やイベント出店、出張コーヒー活動も展開中。

スクリーンショット 2022-01-14 19.32.42.png

門之園 知子
Tomoko Kadonosono

フードスコーレ授業コーディネイター|​​サルベージ・プロデューサー

1983年神戸市生まれ。北海道と京都の農学部で学んだのち、調味料メーカーや流通の品質管理機関で官能評価や機器分析によるおいしさの評価を担当。食品を「つくり」「届ける」ことに関わる中で、「届けたあと」のことについても関心が深まり、現在はサルベージ・プロデューサーとして、サルベージ・パーティの企画や開催もしている。「食卓をおいしく、たのしむ」ことを大切に、活動中。サルベージ・プロデューサー、お米アドバイザー、JSSE上級官能評価士、J.S.A. Sake Diploma。